放射線治療でガン細胞を撃退|体にやさしい治療法

医者

自然治癒力を高める治療法

看護師

患者自身の免疫細胞を取り出し、培養して体に戻すがん治療法がNK細胞療法です。手術や放射線や抗がん剤を使った治療法に比べて、副作用が少ないというメリットがあり、これらと併用することで効果が一層高まります。

詳しくはコチラ

がんの新治療

患者さん

免疫細胞治療は体力の低下を防ぐことから、他の治療が適用出来ない場合でも利用することが可能です。他の治療の副作用も軽減出来ることから、人気があります。眠った状態の免疫細胞を取り出し、活性化させて体内に戻すのが免疫細胞治療の特徴です。このようにすることで、がんへの抵抗力が高まります。

詳しくはコチラ

身体にやさしいがん治療

病院の廊下

免疫細胞療法はがん治療における新しい治療法で、患者自身の体内にある免疫細胞を活性化し、がん細胞を攻撃させる能力を向上させようとするものです。身体への負担が軽く、他の治療法と併用できるという利点があります。

詳しくはコチラ

特徴とさらなる工夫

放射線治療のメリットや効果、または治療期間などを詳しく掲載しているサイトです。将来発症してしまった場合に備えてチェックしましょう。

特徴

相談する男性

がんの治療には俗に3本柱と呼ばれる治療法があります。一つ目は人の手で直接幹部を切除する手術療法、二つ目はがん細胞を攻撃する薬品を体内に注入する化学療法、そして3つ目の柱が放射線を当ててがん細胞を攻撃する放射線治療です。放射線に対する耐久力は正常な細胞とがん細胞に差があり、この差を利用してがん細胞を徐々に減らしていくのがこの治療法のメカニズムです。3代治療法のうち、この放射線治療だけは入院の必要がないのが大きな特徴で、特に体調に問題がなければ自宅から通いながら治療を受けることができます。つまり、体に対しての副作用が少ない治療法なのです。また、体に負担がないことから、ほかの二つの治療法の補助的役割として用いることもできるのも大きな特徴です。

さらなる工夫

放射線治療のデメリットとしては正常な細胞にまでダメージを与えてしまうということがあり、放射線治療の工夫はいかに正常な細胞にダメージを与えないような治療法を確立するかということが大きなテーマとなってきました。そして、現在は放射線治療を発展させた重粒子線治療という治療法が確立され、いくつかの医療機関で実用化されています。この重粒子線の一番の特徴は照射する場所をがん細胞だけに絞ることができる点で、従来にあった正常な細胞までダメージを与えるということがほとんどありません。そのため、患者の負担が従来の放射線治療よりもさらに軽くなり、皮膚に対する副作用などもほとんどありません。そのため、高齢者でも安心して受けることが可能です。